王様の耳は驢馬の耳

週一の更新で受け売りを書き散らしております。

「倫理学」を読んで その十二

ここからは第三分冊に入る。ようやく半分を過ぎたことになるが、もうしばらくこの書に付き合うことになる。今回は国家について和辻の考えを見ていこう。

続きを読む

「倫理学」を読んで その十一

今回は文化面から人倫的組織に関する和辻の考察を見てみよう。

続きを読む

「倫理学」を読んで その十

今回も前回に続いて経済を倫理的見地から見ていきたい。

続きを読む

「倫理学」を読んで その九

今回は経済に関して和辻の考察を見ていきたい。

続きを読む

「倫理学」を読んで その八

男女関係が性的衝動のみから出発するのではなく、直接的に愛において人格的に関わり合うことを意味するというところまで見た。今回はその続きである。

続きを読む