読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

王様の耳は驢馬の耳

受け売りを書いているだけです。気になさらないで下さい。

日本資本主義の精神を読んで その弐

歴史 思想 宗教

「日本資本主義の精神」の著者、山本七平氏は言う。江戸時代は日本の歴史の中で、最も興味深い時代であり、およそ二百五十年の治世のうちに「自前の秩序」を確立した。

本著のなかで最も強調されるのは石田梅岩であるが、彼の思想の基礎には鈴木正三がある。彼は禅僧であり、曹洞宗に属する。もとは則定城主、鈴木重次の長男で二百石の旗本であったが出家し、「破切支丹」を著すなど優れた思想家となる。さっそく正三の思想を見てみよう。

bambawest.hatenablog.com

 

続きを読む

日本資本主義の精神を読んで その壱

思想 歴史

「日本資本主義の精神」は昭和54年に刊行された。著者の山本七平は日本の資本主義の精神的原型を江戸時代のサラリーマンにあるとしている。故に江戸時代を知ることが現代を知ることになると述べる。本著では江戸時代サラリーマンの精神構造の形成に影響力を振るった者として、鈴木正三と石田梅岩を取り上げている。今回は日本の会社の構造に関して引用を交えつつ紹介したい。

【新装版】山本七平の日本資本主義の精神

【新装版】山本七平の日本資本主義の精神

 

 

続きを読む

「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」の最終話を観て

娯楽 思想

白状するが当ブログ筆者はヲタクである。アニメも観れば漫画も愛読している。TVゲームも好きなのだが、歳のせいか前ほどの情熱はすっかり影を潜めて、購入はするが手すら付けないことが屡々ある。

見出しにあるように「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」のアニメ版を視聴したわけであるが、今回はネタバレを含んだ最終話の感想文が書きたくなった。諸々のブログでもいろいろと考察はされているので今更と思って躊躇われたが、全話を通しての主題について一言したいと思う。即ち人間関係における虚実である。

www.tbs.co.jp

 

続きを読む

世間の誇張について

思想

テレビを見ていて一々目につくのがその過剰演出である。こういった軽佻浮薄なる世相に辟易されている心ある常識人は少なくないと思われる。

さて、そんなような風潮は十七世紀スペインでもあったのか、すでに予め忠告されていたようである。

バルタサール・グラシアン・イ・モラーレス。十七世紀スペインの哲学者であり神学者であり、更にイエズス会の司祭も務めた。司祭の身でありながらスペインに従軍しカタルーニャ反乱で戦い、兵士達から「勝利の司祭」と呼ばれた戦う司祭である。雄々しい彼から発する箴言もまた現実的かつ実践的といえる。

f:id:bambaWEST:20170202183526j:plain

続きを読む

喫煙の規制について

思想

普段筆者は時事問題は扱わない。テレビも観ない上に、新聞もろくに読まないため世事に疎いのもそうだが、そもそも時事問題は枝葉の話であり、その問題の根は世の空気や思想にあると考えているためである。

今回は空気ではないが、喫煙の規制について多少意見を述べたい。

昨今厚生労働省受動喫煙防止の強化を進める方針を固めたそうである。その内容が全国の居酒屋や焼き鳥屋などを原則禁煙とするという、かなり厳しいものだ。厳しいとしたのは喫煙者の立場からの感想であるが、そうでない人びとにすれば歓迎すべき傾向であると概ね好意的に受け取られているようだ。

f:id:bambaWEST:20170227173253j:plain

続きを読む