王様の耳は驢馬の耳

受け売りを書いているだけです。気になさらないで下さい。

「空気の研究」を読んで その弐

概略に関しては前回触れた。氏特有の観点からの日本における「空気」の仕組みの分析には一読の価値はあろうし、現在でも通じる問題提起であろうが、筆者個人としてはここまで高い評価を受けるほどの内容だろうかと疑問におもう。

「空気」の研究 (文春文庫 (306‐3))

「空気」の研究 (文春文庫 (306‐3))

 

 

続きを読む

「空気の研究」を読んで その壱

「空気の研究」の著者、山本七平キリスト教徒であり、大東亜戦争ではルソン島で戦い、そこで終戦を迎える。帰国後イザヤ・ベンダサンの名義で「日本人とユダヤ人」出版したのは氏であることはほぼ間違いないようだ。

氏の主張する日本人の特質を「空気」という言葉で表しそれを分析したことは有名で、これを山本学ともいうそうだ。今回はこの「空気」について二三述べてみたい。

「空気」の研究 (文春文庫 (306‐3))

「空気」の研究 (文春文庫 (306‐3))

 
続きを読む

「人体600万年史」を読んで その弐

f:id:bambaWEST:20170515121327j:plain

人体の歴史を学ぶことは、人間という存在を正しく理解する一助になる。生き物である以上、その種の行動様式になんらかの規範が認められるだろう。それに則った生き方が、自然であり自由である。

だから原始的生活に戻ろう、などというのは極論であることはいうまでもない。しかし現代社会を生きる我々が抱える諸々の問題、あるいは病気がなぜ生起するのかを知る手がかりになろう。そのような問題に多くの示唆を与えてくれる書である。

では前回の続きである。

続きを読む

「人体600万年史」を読んで その壱

f:id:bambaWEST:20170515121327j:plain

人類と類人猿の祖先は、およそ600万年前に分かれたという。学者によっては100万から200万年ほど前後するが、だいたいその辺りだろうというのが大方の意見のようだ。

その進化の過程において、人間の身体の健康と病はどのように変化し、農業や産業、そして医学が人間にどのように影響を及ぼしてきたのかの概略を本書では扱っていて、なかなか興味深く、勉強になる。

以下は筆者が特におもしろいと感じた部分をざっと取り挙げてみたい。

続きを読む

「大衆の反逆」を読んで その参

前回、前々回に続き今回も「大衆の反逆」のなかの第二部の「世界を支配しているのは誰か?」を扱おうと思う。

続きを読む