王様の耳は驢馬の耳

受け売りを書いているだけです。気になさらないで下さい。

「戦争論 われわれの内にひそむ女神ベローナ」を読んで その二

前回に続いて今回もロジェ・カイヨワの『戦争論 われわれの内にひそむ女神ベローナ』を取り上げたい。蛇足かもしれないが、訳者のあとがきに「原題を直訳すれば、『ベローナ、戦争への傾斜』となり、現代社会が坂道を転げ落ちるように戦争へと向かってゆく、その趨勢を意味している。」と述べ、しかしそのままでは日本で出版するには不向きであると判断したようだ。ちなみにベローナは戦争の神であり、軍神であるマルスの妻である。夫婦そろってマッチョであることは疑いない。

さて、前回は封建時代の貴族による戦争の独占と、その特殊な戦争形態を見てきた。この話は興味深いので、もう少し書いておこうとおもう。

f:id:bambaWEST:20170803103749j:plain

続きを読む

「戦争論 われわれの内にひそむ女神ベローナ」を読んで その一

戦争の話題続きで恐縮だが、筆者は石津朋之氏の著作を何冊か読み、その中で取り上げられたいくつかの気になった著書を読んでいるためである。以前の記事にも書いたが、世間の戦争に対する悲惨だという否定的側面以外の肯定的側面があるのではないかと筆者は考えていた。これに対して誰もが拒否感と嫌悪感を露わにし、一度も賛同を得たことがない。しかし筆者の考えに自信を与えてくれたのが石津氏であった。

今回から取り上げるロジェ・カイヨワ著の『戦争論 われわれの内にひそむ女神ベローナ』は石津氏の著書の中でも扱われたものだ。戦争とは如何なるものであるかを歴史的に解説した良書であろう。

f:id:bambaWEST:20170801171322j:plain

続きを読む

「戦争文化論」を読んで その三

前回も触れたが、戦争文化が他の文化同様に実用性に欠けた、そのほとんどが「無用の」虚飾であるというのがクレフェルトの主張するところである。では、もしその戦争文化が何らかの理由で十分に機能しなかったらばどうなるのか。著者は四つの結果が考えられるという。

f:id:bambaWEST:20170801165731j:plain

続きを読む

「戦争文化論」を読んで その二

今回もマーチン・ファン・クレフェルトの「戦争文化論」をとり上げたい。前回不愉快に思った方は読まないことをお勧めする。おそらく今回も、おそらく前回よりもっと不愉快になるだろうからだ。

f:id:bambaWEST:20170729160115j:plain

続きを読む

「戦争文化論」を読んで その一

理論的に考えれば、戦争は目的を達成する一つの手段である。野蛮ではあるが、ある集団の利益を図ることを意図して、その集団と対立する人々を殺し、傷つけ、あるいは他の手段で無力化する合理的な活動である。

上の一節から始まる「戦争文化論」は歴史学者軍事学者のマーチン・ファン・クレフェルト教授が発表したものである。上記の思想は「戦争は外交の延長である」というクラウゼヴィッツの主張の範疇にあり、戦争は合理的な利益に奉仕するものであるという今日でも一般的な戦争観といえる。しかしクレフェルトは言う。

 だが、この考えは見当違いもはなはだしい。

f:id:bambaWEST:20170729160406j:plain

続きを読む