王様の耳は驢馬の耳

週一の更新で受け売りを書き散らしております。

2018-02-24から1日間の記事一覧

「倫理学」を読んで その四

引き続き和辻哲郎の「倫理学」を取り上げていきたい。この本は岩波文庫が出版しているものだが、全四巻にも及ぶ大著であり、和辻の代表作でもあるためしばらくこの本と付き合うことになる。 ちなみにここからは「倫理学」の第二巻になる。哲学書であるため筆…