読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

王様の耳は驢馬の耳

受け売りを書いているだけです。気になさらないで下さい。

戦争はないに越したことはないなんて、絶対に言ってはいけない

下は松原正氏出演ラジオ番組より文字起こししたものである。
 

「一朝有事の際の、敵兵を殺すために、つまり戦争のために自衛隊は存在しているのだ。
それなのに制服が「戦争はないに越したことはない」と言う。

 

つまり戦争はないに越したことはないと言うことは、防衛出動はないに越したことはないということである。

ということは、自衛官自ら自分の主要な任務を否定して平気でいると。
 
つまり戦争はないに越したことはないと言うことになるならば、論理的に戦争のために存在している自衛隊はないに越したことはないと言うことになる。
 
だからあなた方(自衛官)はあなた方の口から戦争はないに越したことはないなんて絶対に言ってはいけない」